噂を見極まる。品川美容外科の訴訟問題と告訴の話

被害に合わない

タオルを巻いた女性

美容整形と聞くと女性にとっての美の追求場所、しかしながら同時に危険や不安といったマイナス要素も持っているのです。どうしてかといえば美容整形というと手術や施術でのトラブル、そこから起こる告訴や裁判といったものがあって、別に自分自身が被害に遭ったわけでもないのに、そういう気持になってしまうことが多いのです。これはマスコミの作り上げたものでもあって、特に数年前にあった品川美容外科の告訴問題は激しいものだったのです。それも実際の出来事をかなり拡大解釈して、媒介によっては大袈裟に掻き立てるものもあり、実際のところとは別のイメージが広がっていったのです。 どうしてそうなってしまったのか、その理由を知ることが大切なのです。

そもそも美容整形に限らず、手術や施術というのに絶対ということはなく、場合にとってはトラブルやミスが起こることもあるのです。そしてその後に告訴などのアクションに出ることは自然なもので、決しておかしなことではないのです。実際に普通の病院でもそういったことはあるのですが、マスコミが書きたてることはほとんどないのです。その理由として需要がないから、求める人がいない記事を書いても意味がないからです。対して美容整形、品川美容外科の場合は知名度がありますし、話題性もあるので、大きく取り上げられたのです。しかし実際の品川美容外科に対する告訴がどういうものなのか書いたものは少なく、ただ品川美容外科の名前だけが独り歩きしてしまったのです。